横浜で発見!いい賃貸マンションに住み替え!|Good Personal
HOME>トピックス>横浜で発見!いい賃貸マンションに住み替え!

賃貸なら固定資産税が不要

不動産を所有すればマンションでも固定資産税を支払いますが、賃貸マンションの入居者にはその納税義務はありません。通常の賃貸物件を借りる時はあまり意識しないかもしれませんが、分譲賃貸マンションを借りる場合はちょっと気になるポイントです。この賃貸物件は元々分譲マンションとして売られた部屋であり、それを持ち主が賃貸として貸し出した物件になります。横浜でも数々提供されていますが、固定資産税などはオーナーに請求されるため、通常の賃貸と同じく入居人に支払い義務はありません。

ワンランク上の物件

分譲賃貸マンションは永住を前提としているため、賃貸専用マンションより近隣部屋との防音性に優れているのが特徴です。住宅設備なども総じてグレードが高いですから、ワンランク上の賃貸ライフを横浜で希望する時は探してみると良いでしょう。さらに分譲賃貸マンションは賃貸物件より入居者の質が比較的安定しているのが特色で、暮らしやすくなっています。ただし需要に対して供給が少ない物件でもあるので、気に入った部屋を見付けた際は早めに決断するのがベターです。

管理費と共益費にも留意

入居先の賃貸マンションを横浜で探す時も、家賃だけを比較するのではなく、総額で検討するように気を付けましょう。賃貸マンションでは家賃のほか、管理費や共益費が必要ですので、それらを合算した金額で比べてください。管理費と共益費は時として同列に扱われることがあり、物件によってはいずれか一方の名目で請求される場合もあります。しかし厳密には違い、管理費は建物などの管理に必要な代金で、共益費は共有部分の電気代などに掛かる代金です。違いを理解していれば両方請求される物件を見ても困惑せずに済みますので、留意しておくことをおすすめします。

入居審査は印象も大事

横浜で賃貸マンションを借りる時も入居審査はありますので、大家さんや不動産会社の人と話す時は、横柄な態度などは取らないように気を付けてください。そのほか、あまり不潔な格好をしていれば綺麗に部屋を使ってくれないと判断され、入居審査に通らないかもしれないため、身だしなみも大切です。とくに収入面など、ほかの項目で入居審査の可否が心配な時は、せめてそれらの点だけでも気を付けておくと良いでしょう。

広告募集中